白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントはアレルギー成分ジアミンなしで低刺激|かゆみ・かぶれ知らずの優しい白髪染め

白髪染めトリートメントは従来の白髪染めに含まれていた「パラフェニレンジアミン」というアレルギー成分が含まれていません。

それに低刺激でも染まるように染料も化粧品に配合できる「塩基性染料・HC染料」を使っています。

通常のヘアカラー剤によるかゆみやかぶれに困っていた方でも安心して白髪染めできるので、肌が弱かったり薄毛や抜け毛といった髪の悩みを抱えている人にもおすすめですよー。

↓一番よく読まれているページ↓

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座

白髪染めで肌が荒れる原因は「ジアミン・アルカリ剤」の2つ

ドラッグストアで購入できる市販品や美容室での白髪染めは、通常ジアミンが配合された酸化染料が使われています。

髪の表面を開いて内部で染料とアルカリ剤が化学反応することによって、1回の毛染めで色濃く染まるように作られています。

また、過酸化水素と薬剤が化学反応を起こすことでメラニン色素が壊されて、髪の黒色が徐々に薄くなって茶髪になったりします。

つまり通常のヘアカラーの特徴である「1回で色濃く染める・黒髪を脱色して明るくする」の2つを実現するために、髪や頭皮に刺激を与えてしまうことは避けられないわけです。

 

ところが、白髪染めトリートメントは「何度か回数を重ねることで白髪だけを染める用品」なので、普通の白髪染めとは全然違います。

1回では完璧に染まらないかわりにジアミンなしの低刺激な染料を使っていますし、黒髪は明るくできないかわりに髪や頭皮にダメージを与えることはありません。

白髪だけを何度か染めることで隠していくという使い方なので、誰にでも一番合っているとは言えませんが上手に活用すればとても便利だなと思っています。

肌荒れしたり髪が痛んだり薄毛を進行させてまで普通の白髪染めにこだわる?

私は以前美容師をしていました。経営などはしておらず店のスタッフとして働いていた身分です。

毎日のようにお客さんが訪れてヘアカットしたり白髪染めしたりしていたんですが、働いている中でよく思うことがありました。

「肌が弱いのにわざわざ刺激のあるヘアカラーを選ぶ必要があるのだろうか」

「白髪のまんまだと余計薄毛に見えるのは分かるけど刺激のない白髪染め用品で染めたほうがいいのでは」

白髪が伸びっぱなしなのは嫌だし、どうせなら美容室でカットしてもらうと同時に白髪染めしたい気持ちもわかります。

でも、肌荒れさせてまで白髪染めする必要はないと思いますし、より薄毛が進行することが分かっているのに染めることもないと思います。

黒髪を明るくできなくても「ヘナ・ヘアマニキュア・白髪染めトリートメント」などで白髪は染められますし、刺激がないので肌荒れも薄毛化もしにくいですからね。

悩みを解消しつつ白髪を染めることができる商品を知らなかったら仕方ありませんが、もし白髪染めトリートメントなどの存在を知っていたら1回試してみるべきじゃないかと思います。

ひどい肌荒れを繰り返せば元の肌質には戻りませんし、薄毛も同じで深刻化してしまうと毛穴を正常に戻すのには大変な労力がかかります。

失うと大変な肌や髪自体をいたわって、理想ではないかもしれませんが妥協して白髪染めトリートメントやヘアマニキュアを使う選択肢もありなのではないでしょうか?