一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント比較|よく染まって色落ちしない使い方講座

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメントをご紹介します!

白髪染めトリートメントは種類がたくさんあって、中には「補修ケア能力が高いけどあんまり染まらないような商品」もあります。

私はまず一番に白髪がちゃんと染まることが大事だと思っているので、なるべく少ない回数で白髪隠しできる商品をまとめました。

また、よく染まって色落ちしない使い方も項目ごとに解説しているので、自宅でセルフカラーしながら綺麗な髪色を手に入れたい方はぜひ読んでみてくださいね。

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント比較

1位:利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント 利尻カラーシャンプー 利尻ヘアカラートリートメント 30分 1回染め
  • 総合評価:★★★★★
  • 色の種類:ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン
  • 内容量:200g
  • 価格:2,000円(税抜き・公式サイトでの初回購入時)
  • どの色も白髪染め効果が高くて1回でもよく染まる
  • 発色がとても綺麗
  • 定期コースじゃなく都度購入でも安く買える
  • ブラックはかなり濃いので地毛が明るいと黒髪部分まで暗くなる

私が一番よく染まったのは利尻ヘアカラートリートメントでした。

昔から売れ続けているだけあって、染色力は白髪染めトリートメントの中でもピカイチですね。

上にある画像は乾いた髪に30分置いて流しただけの1回染めですが、見事に各色とも白髪だったとは見えないくらいに濃く染まっています。

特に明るさが抑えられたカラーのブラックとダークブラウンはとても染まりがよくて退色にも強い色なので使いやすいですね。

利尻ヘアカラートリートメントは都度購入でも公式サイトの初回購入なら1本あたり1,000円割引になるので、買いやすく試しやすい点も魅力です。

白髪染めは染まってなんぼなので、まずは一番白髪染め効果が高い利尻ヘアカラートリートメントを試してみてはいかがでしょうか?

↓公式サイトなら1本1,000円割引&まとめ買いで送料無料↓

利尻ヘアカラートリートメント公式ページ

色選びは「黒色→ブラック」「落ち着いた茶色→ダークブラウン」「明るめの茶色→黄みのナチュラルブラウンか赤みのライトブラウン」がおすすめです。

どの色も染まりがいいので、明るめであっても置き時間を長めに設定すれば綺麗に染まりますよ。

参考ページ:利尻ヘアカラートリートメントは白髪染め効果が強くて少ない回数で濃く染まる|口コミ色選び

2位:マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント
  • 総合評価:★★★★☆
  • 色の種類:ダークブラウン・ブラウン
  • 内容量:200g
  • 価格:3,000円(税抜き・公式サイトでの定期コース初回)
  • 頭皮のケアまで考えられている&そこそこ染まるので使いやすい
  • 黒髪と馴染みのいい色合いに染まる
  • 30日間の全額返金保証がある
  • 定期コースじゃないとお買い得にならない(解約はいつでも可能)
  • 色の選択肢が少ない

第2位はマイナチュレ カラートリートメントです。

利尻と比べると白髪染め能力は一歩及びませんでしたが、綺麗な2色のブラウンは使い勝手がよく白髪もほどよく染まってくれます。

マイナチュレも乾いた髪に30分置いて1回染めました。

定期コースじゃないと割引されない仕様は少し困りますが、30日間の全額返金保証が用意されているのでまだ試しやすいですね。

2色展開なので選択肢が少ない反面「暗めか明るめの茶色」しかないので色選びはしやすいですね。

頭皮のケアまで考えられたオールインワンタイプなので、薄毛や抜け毛に悩まれている方にもおすすめできる白髪染めです。

↓最安値は初回半額になる公式サイトの2本定期コース↓

マイナチュレ公式ページ

参考ページ:マイナチュレカラートリートメントは白髪染めトリートメント界の救世主|よく染まって頭皮環境も整える

3位:ルプルプ(LPLP)

  • 総合評価:★★★☆☆
  • 色の種類:ソフトブラック・モカブラzウン・ベージュブラウン・ダークブラウン・ブラウン
  • 内容量:200g
  • 価格:1,980円(税抜き・公式サイトでの定期コース初回)
  • 5色展開かつ落ち着いた色合いが多い
  • 10日間の全額返金保証がある
  • 少し肌に刺激を感じる
  • 白髪染め効果が少し弱い

ルプルプは5色展開なのは嬉しいのですが「刺激が少しあって白髪染め効果も少し弱い」ので3位にしています。

ルプルプはどの色も黒髪と馴染みやすい暗めの色に染まるので、髪全体を落ち着きのある印象にしたいときにおすすめですよ。

ルプルプ公式ページ

番外編:利尻カラーシャンプー

  • 総合評価:★★★★☆
  • 色の種類:ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン
  • 内容量:200ml
  • 価格:2,500円(税抜き・公式サイトでの初回購入時)
  • 毎日このシャンプーで洗うだけで白髪が隠れていくから楽ちん
  • 泡立てられるから塗りムラができず使いやすい
  • 時間を置かないので染色力がトリートメントタイプと比べると弱い

1位の利尻ヘアカラートリートメントのシャンプータイプです。

色味は基本的な成分は一緒で、こちらは都度洗うたびに少しずつ白髪が染まる白髪染めシャンプーになっています。

白髪染めトリートメントは「塗ってから時間を置いて髪に色を定着させる」ので、ある程度塗る手間や置き時間が必要です。

ところがシャンプータイプなら1回の毛染めでは濃くは染まりませんが、毎日洗うだけで少しずつ白髪が隠れていくので「髪の短い人や男性」におすすめですね。

もちろん髪が長めでも「毛染めは面倒くさいから楽ちんで白髪ぼかしできたら嬉しい」という方にも向いています。

また、時間を置かないので肌が弱くて白髪染めトリートメントが使えない方でも使用できることがあるので、敏感肌の方にも価値がありますね。

1度使ったら手軽すぎて手放せなくなるアイテムです。気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

↓公式サイトなら1本1,000円割引&まとめ買いで送料無料↓

利尻カラーシャンプー公式ページ

利尻ヘアカラートリートメントは色鮮やかに濃く染まる

利尻ヘアカラートリートメントには「植物染料・塩基性染料・HC染料」の3種類が配合されています。

通常の白髪染めトリートメントには入っていない植物染料を加えることで、より濃く鮮やかに白髪を染められるメカニズムです。

また、濃く染まる分だけ「次染めるまでの日にちがあいても白髪が染まった状態を維持しやすい」ので、色落ちや退色が気になる方にもおすすめできます。

週2~3回も染めなくちゃならないから面倒くさくて無理…という方は、週1回で済む利尻ヘアカラートリートメントがおすすめですよ。

↓公式サイトなら1本1,000円割引&まとめ買いで送料無料↓

利尻ヘアカラートリートメント公式ページ

白髪染めトリートメントのよく染まって色落ちしない使い方講座

ここからはより白髪染め効果を高めて発色を綺麗にするための「使い方」を解説します。

白髪染めトリートメントの販売ページでは語られない「裏技・重要点」をまとめました。

これから白髪染めトリートメントでセルフカラーしていこうと考えているならぜひ読んでもらいたい部分です。

一番重要なのは「放置時間」を長くすること

私が白髪染めトリートメントを使う上で一番重要だと思っているのが「放置時間」です。

ほとんどの白髪染めトリートメント販売会社が「濡れた髪に10分置いて流す」と書いていますが、正直10分じゃまともに白髪染め効果は発揮されません。

せっかく髪を傷める成分が入っていないのに、あえて10分で流してしまうのは「たくさん中身を使って早めに再度購入してほしいだけじゃない?」と思います。

 

通常の白髪染めは黒髪を脱色しながら同時に白髪に色をいれるので、置き時間を守らないと髪が痛んだり色が出なくなってしまいます。

ですが白髪染めトリートメントには脱色作用もないし、頭皮や髪に強いダメージを与える成分も含まれていません。

なのでなるべく時間を長く置くことで「少ない回数でしっかり白髪を染められる」のです。

 

各商品の販売ページに惑わされず、騙されたと思って1度30分~45分は時間を置いてください。

10分だけ置いて染めたのと比べると2倍近く色が入るので驚きますよー!

乾いた髪に塗るほうが水分で薄まらずに白髪染め効果が高くなる

白髪染めトリートメントは乾いた髪にも濡れた髪にも使用できますが、白髪染め効果でいえば「乾いた髪に塗ったほうが水で薄まらないからよく染まる」ようになっています。

髪が濡れていたほうがカラー液が薄まって伸びがよくなるので、乾いた髪に塗ると使用量は増えるし少し塗りにくさもあります。

ですが当ページにあげた「利尻・マイナチュレ・ルプルプ」はどれもカラー液が伸びやすい液体タイプなので、粘度が低い商品ならぜんぜん乾いた髪にも使用できます。

濡れた髪に染めるとどうしても水で薄まって1回のカラーでは濃く染まらないので「なるべく1回で白髪を隠したい・自分は染まりにくい髪質」という方は乾いた状態の髪に塗布してみてくださいね。

染めるときの手順と工夫をレクチャー

  1. 頭頂部の分け目とフェイスラインから塗り始める
  2. 根本を中心にたっぷりめに塗布する
  3. 全体に塗れたら粗めのクシやコームで馴染ませて塗りムラをなくす
  4. 放置前に必ずラップやヘアキャップで保温・保湿して染色力アップ

白髪染めトリートメントで染めるときの手順です。

特に「最初は人から見て目立つ部分から塗る」のは大事ですよ。

最初に塗れば塗り忘れもおきにくいですし後から塗るよりも「カラー液が付着している時間が長くなるからよく染まる」ので、染まってほしいところから塗りましょう。

また、放置中は美容院などのヘアカラーと同じように「頭皮の熱を利用して温める」のが肝心です。

ラップをすることで頭皮の熱がこもって髪全体が温かくなり、色の発色や定着がよくなる効果があります。

少しの工夫で仕上がりが大きく変わるので、面倒くさいですが上記の4点に気を付けてカラーリングしてみてくださいね。

白髪染めトリートメントのよくある質問

長時間置いても髪は痛まない?

髪に与える刺激がまったくないわけではありませんが、普通のヘアカラーと比べると格段に髪は痛みません。

従来の白髪染めには「酸化染料・アルカリ剤・過酸化水素」の3つが入っていて、どうしても髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

ですが白髪染めトリートメントには上記3つの成分は入ってなくて、髪の表面に色をくっつけるための染料と美容成分で構成されています。

染料自体は化粧品にも使うことが認められている染料なので安全性が高いですし、トリートメント成分は時間を置くことで髪に浸透していきます。

なので長めに時間を置いても「髪は痛まないしむしろ美容成分のおかげで補修される」ので、30分40分ぐらいの時間でしたら全然問題ないですよ。

(ただし頭皮に強い刺激やかぶれ・かゆみを感じたときはすぐ流したほうがいいです)

市販の白髪染めと何が違う?

大きく違う点は

  1. 黒髪のメラニン色素を壊す脱色作用がない
  2. 刺激物やアレルギー成分が入ってない
  3. トリートメント成分が入っている

この3つですね。通常の白髪染めとは中身も白髪を染めるためのメカニズムも全然違います。

カラーコンディショナーとの違いは?

カラーコンディショナーは「髪の補修ケアがメイン」なので、白髪を染める力はかなり弱くなっています。

うっすら白髪を色づける程度の染色力なので、白髪の本数が少ない人が「髪を綺麗にするついでに少し白髪ぼかしできれば嬉しい」ぐらいの気持ちで使う商品です。

具体的には資生堂プリオールのカラーコンディショナーなどですね。

薄毛や抜け毛が気になるけど使っても大丈夫?

普通の白髪染めを使うぐらいなら白髪染めトリートメントのほうが100%いいです。

マイナチュレのカラートリートメントは元々育毛剤を開発・販売していた会社の商品なので、頭皮環境を整える成分が入っているのでおすすめですよ。

また、どうしても白髪染めトリートメントで刺激を感じたり肌荒れしてしまうようであれば、頭皮に一切つけずに白髪染めできる「ヘアマニキュア」も検討してみてはいかがでしょうか。

自分で塗るのは難しいので、できれば美容室で施術してもらうのが理想ですね。

メリットとデメリットは?

私が考える白髪染めトリートメントの長所短所は以下の通りです。

  • メリット:頭皮や髪に刺激が少ない・髪質が改善される・自分でも簡単に塗れる・好きなタイミングで毛染めできる・常にある程度白髪が染まった状態を維持できる
  • デメリット:黒髪は明るくできない・週1ぐらいの頻度で塗るのが面倒くさい

自宅で髪や頭皮をいたわりながらセルフカラーしたい人にはピッタリですし、逆に時間もお金も余っていて髪の痛みは気にしない人なら美容院通いのほうがいいかもしれません。

それぞれその人のライフスタイルにあった白髪染め用品があるので、ご自身には白髪染めトリートメントが向いているかどうかを考えてみてくださいね。

ちなみに私は「髪質が綺麗なほうが魅力的・白髪の量はそれほど多くない」ので、もっぱら白髪染めトリートメントを使って満足しています。

白髪染めトリートメントは少ない回数でも白髪が染められる染色力重視で選ぼう

一回で染まるおすすめの白髪染めトリートメントや、綺麗に濃く染めるための使い方を解説してきました。

白髪染めトリートメントは普通のヘアカラーと比べて「染料が身体に優しい分だけ染まりにくい作り」になっています。

そのため、白髪染めトリートメントを使うなら「数ある中でもより染色力の高くて色落ちに強い商品」を使うべきだと個人的に思っています。

そうでないとせっかく白髪染めトリートメントを使っても「髪は綺麗になるけど白髪が染まらないから結局は普通の白髪染めに…」となってしまいますし、やっぱり白髪を染める力が高くてなんぼです。

髪の補修ケアは最悪トリートメントだけ単品購入して使えば問題ないので、白髪をなるべく少ない回数で染められるものを選ぶことをお勧めします。

ちなみに当ページで1位にさせていただいている利尻ヘアカラートリートメントは2009年から売れ続けているロングセラー商品です。

昔ながらの老舗商品であっても、リニューアルを繰り返して白髪染め市場で使い続けられているので実力は確かですよー!

ランキングに戻る